着物 シミの抜き方 着物 丸洗い 修繕 加工・松川調整所
着物のシミの抜き方
top
メインページ
着物のお手入れ
シミ抜き
黄変抜き
洗い張り
丸洗い
着物の修繕
仕立て
紋入れ
染め替え
仕立て直し
リフォーム
柄足し
金加工
刺繍直し
安心ガード加工
地入れ
ゆのし
着物の扱い方ページ
シミの抜き方ページ



着物の生地は非常にデリケートです。
汚れを落とそうと強くこすれば生地を傷めてしまうこともあります。
一見きれいになったように見えても、
生地に汚れが残っていることもありますので、
応急処置だけにしておき、専門家お任せいただくのが最適だと思います。

以下の点に気をつけてシミ抜きを行ってください


・シミに気づいたらその場で応急処置

早ければ早いほど、キレイ落とすことが出来ます。


・アルコールや、アンモニアなどは絶対に使わない
退色・脱色などの原因になります。


・溶剤などはテストしてから

退色・脱色などしてしまわないよう、まずは縫い代など、
目立たないところでチェックします。
生地や織などにより、相性もありますので必ずチェックしてください


・たたくときは、周りから中心に向けて
中心からたたくと、輪シミの原因になります。


・処理後、何度も濡れタオルでたたく
シミ抜き剤を残すと新たなシミの原因になってしまいます。


・安心ガードをご用命ください
水や汚れをはじく撥水加工をおこなっていれば、汚れにくく
汚れが落ちやすくなります。
ついた汚れを落とすよりも、汚れがつかないような予防が効果的です。



汚れ別の応急処置とカンタンなシミ抜き方法です。
※こする、熱するなどは厳禁です
※水を用いた場合、生地によっては染料がにじむこともありま



*汗


応急処置:下に布をあて、水で絞った布で上からたたき、
布に汚れを移す
シミ抜き:ベンジンでたたく
予防:着付け前にシャワーを浴びる
汗取りパット・汗取り用肌襦袢の着用




*泥はね


応急処置:そのまま乾かす
シミ抜き:ブラシで泥を落とす(必ず乾いた状態で行ってください)
予防:安心ガード
雨コートの着用




*口紅・おしろい・ファンデーション


応急処置:やわらかい布で拭き取る
シミ抜き:ベンジンでたたく
中性洗剤を薄めたものでたたく




*マニキュア


応急処置:そのまま乾かす
シミ抜き:除光液でたたく




*酒・ビール


応急処置:下に布をあて、水で絞った布で上からたたき、
布に汚れを移す
シミ抜き:水でたたく




*ソース・しょうゆ


応急処置:カンタンに吸い取った後、水で絞った布で上からたたく
シミ抜き:水で落とし、取れない部分は中性洗剤でたたく




*油


応急処置:乾いた布で押さえておく
シミ抜き:ベンジンでたたく




*ガム



応急処置:氷で冷やし固めて剥す
(残った場合は無理をせず専門家にお任せください)




*清涼飲料・果実


応急処置:下に布をあて、水で絞った布で上からたたき、
布に汚れを移す
シミ抜き:水または中性洗剤を薄めた液でたたく




*ミルク・バター・チョコレート


応急処置:ミルク・チョコレートは濡れた布でたたく
バターは乾いた布や紙でつまみ取る
シミ抜き:ベンジンで落として、中性洗剤を薄めた液でたたく




*サビ



応急処置:油分がある場合はベンジンでたたく
シミ抜き:シュウ酸を薄めたものでたたき、充分に水洗いする




*血液



応急処置:下に布を当て、水で絞った布で上からたたく
シミ抜き:水または中性洗剤を薄めた液でたたく
血液は熱で固まりますのでお湯は使わなでください


Copyright (C) 2003 matukawa Co.Ltd. All Rights Reserved.