着物の紋入れについて 着物の紋入れ 着物 丸洗い 修繕 加工・松川調整所
着物の紋入れ
top
メインページ
着物のお手入れ
染み抜き
黄変抜き
洗い張り
丸洗い
着物の修繕
仕立て
着物の紋入れ
染め替え
仕立て直し
リフォーム
柄足し
金加工
刺繍直し
安心ガード加工
地入れ
ゆのし
着物の扱い方ページ
シミの抜き方ページ

着物の紋入れについて
抜き紋、縫い紋のご要望にもお応えしております。

一口に紋といっても、用途や格式などにより様々な種類があります。
例えば、「紋の数」には5つ・3つ・1つの3種類があります。
数が多いほど格式は高くなります。

1つ紋


背中心にひとつ。色無地の着物、訪問着など(略)礼装として幅広く活躍します。


3つ紋


袖に2つ増えます。色留袖と訪問着に準礼装となります。


5つ紋


最も格式のある着物です。黒留袖と喪服、男性の紋付き。


また、家紋は日向紋(ひなたもん)と陰紋(かげもん)があります。
日向紋は表紋とも言い、家紋の基本的な表現方法のこと、
陰紋はおしゃれ感覚な表現方法のことをいいます。
 

抜き紋


色留袖・色無地・訪問着・付け下げ・鮫小紋・小紋などは
紋入れをする所が石持(白く染め抜かれた状態)になっておりませんので
抜染(染めを抜く技法)をして紋を描きます。
紋入れの中でも技術的に高度なものを要求されるます。


縫い紋


家紋を糸で縫い上げる(刺繍する)手法です。
正式ではありませんが、訪問着や付下などにあう、おしゃれな紋です。
相良(サガラ)縫、マツイ縫、菅(スガ)縫など縫い方によって
雰囲気が変わります。



Copyright (C) 2003 matukawa Co.Ltd. All Rights Reserved.