着物の扱い方について 着物 丸洗い 修繕 加工・松川調整所
着物の扱い方
top
メインページ
着物のお手入れ
染み抜き
黄変抜き
洗い張り
丸洗い
着物の修繕
仕立て
紋入れ
染め替え
仕立て直し
リフォーム
柄足し
金加工
刺繍直し
安心ガード加工
地入れ
ゆのし
着物の扱い方ページ
シミの抜き方ページ



着る前の注意


お着物を着る何日か前にタンスから出してチェックされることをおススメします。
染みや虫食いを発見することはもとより、
湿気とばしがうまくいかなかったため、カビが生えてしまうこともあります。
カビはカビ落としして頂ければ落ちますが、ある程度時間が必要なため、
着用の少し前にチェックしてください。
雨や汚れから守るために「安心ガード」をおススメします。
→安心ガード加工のページへ


着られる際の注意
  

整髪料にはアルコールの含まれるものがあり、
退色・脱色の原因になることがあります。
お着物をお召しになる前にお使いになるようにしてください。
汗をかく季節には、汗取りパットの使用をおススメします。
汗をかいてしまったら、丸洗い等の処置が必要です。
また、脱いだすぐには分からなくとも、汗は染みになりやすいもの。
汗染みは取れにくいのも特徴ですので、出来るだけ
お着物に汗がつかないように、汗取りパット等をご使用ください
汗取り用の肌襦袢もあります。

また、お着物をお召しになる前にシャワーを浴びるのも効果的です
お食事の注意 大きなハンカチを用意して、ひざにかけておきます。
ナプキンがある場合には、襟からかけてしまうのも効果的です。
袖が汚れやすいですので、手を伸ばす時などは袖口を押さえましょう
着た後のお手入れ 着物を着た後はすぐにたたまずに、
和服用のハンガーにかけて
1時間〜1日程度風を通し、体温や湿気を除いてください。

たたむ段階で染みや汚れを点検します。染みや汚れを見つけた場合は、
早めに専門家にお任せください。→染み抜きページへ

ベンジンなどを使った染み抜き方法もありますが、
かえって染みを広げたり、色落ちしてしまうことも少なくありません。
特に、刺繍や箔、草木染めや絞りなどの特殊な着物に染みをつけたときは
出来るだけ早く専門家にお任せください。


収納


手入れの済んだ着物は、「たとう紙」にしまうか、
糊のついていない布で包んで仕舞います。
友禅の模様部分・紋・金箔・刺繍のある所には薄紙を当ててください。

防虫剤は着物(特に金銀糸、金彩加工のある着物)を傷めます。
2種以上を一緒に使わないようにし、箪笥の隅の着物に直接
触らないような位置に、紙に包んで入れてください。
 
着物には湿気が大敵ですので、時々虫干しする、
湿気の少ない時期に箪笥の引き出しをあけて風を通す、
箪笥用の湿気取りを使う(コマメに取り替えてください)など
気をつけてください
 
紫外線も変色・退色の原因になります
直射日光が当たらないように収納してください。
照明器具からも紫外線が出ておりますので、
部屋干の際にも注意が必要です
小物 襦袢は必ず1シーズンごとに丸洗いしてください。
また、帯揚げ・帯締めなどの小物類もたまに丸洗いをすると、
いつまでも美しく保て、長くお使いにもなれます。




Copyright (C) 2003 matukawa Co.Ltd. All Rights Reserved.